未分類

生理中の脱毛サロンの利用方法

投稿日:2017年5月9日 更新日:

脱毛サロンの施術は一度だけで終わるのではなく、毛周期に合わせて処理を繰り返すことでムダ毛がだんだんと薄くなっていきます。それゆえに施術が終わったら次回の予約を行なっておくことが一般的です。

脱毛は健康状態が良いときに行うことが理想的

脱毛サロンにより通う頻度は違いがありますが、2~3ヶ月おきに通うことが多くなっています。予約はサロンで取ることもできますし、あとで電話やインターネットで予約することもできます。

脱毛は肌の状態が良いときや健康状態が良いときに行なうことが理想的ですが女性の場合は生理がありますので、そうした日はどうしても肌の状態や健康状態は普段とは違ってしまいます。

VIO以外は施術は可能だが普段よりも敏感なのでなるべく控えよう

生理中の施術を避けるために予約も生理日を避けることが理想ですが、周期が乱れてしまうこともあります。生理中の施術については、まずは出血がありますのでVIOなどは行なわないことが一般的です。

脱毛サロンでは脇などの上半身の施術なら行えるイメージもありますが、普段より痛みを強く感じたり、肌も敏感に反応しやすいので、避けたほうが無難です。

施術に不安がある場合は一旦キャンセルして予約を取り直しておくと良いでしょう。インターネットなら24時間いつでも好きな時間に予約のキャンセルや変更が行なえます。

万が一のキャンセルでもペナルティがない秋田の脱毛サロンをみる

粘膜にも近いiライン脱毛

デリケートゾーンの脱毛は大変人気がありますし、ビキニラインだけではなく、粘膜にも近いiラインもきれいにお手入れする女性が増えています。

ビキニラインだけの処理でもスッキリとしますが、その延長線上にある体毛もきれいに処理することで、バランスの良い綺麗なアンダーパーツを維持することにもなります。

特に痛みを感じやすいiラインについて

パーツ的に痛みの刺激を感じやすいのは、iラインが粘膜にも近いこと、黒い色素沈着もあるパーツだからです。クリニックでの医療レーザーの場合、痛みが強くて我慢ができない場合は、医療用の麻酔を使うことができます。別途麻酔の費用は発生をしますが、痛みの強い部分にだけですし、それで痛みが少なくなればお手入れも楽です。

麻酔は塗る麻酔を使うケーズが多く、デリケートゾーンに麻酔を塗布して、30分くらい時間が経過してから、医療レーザーの照射をします。

表面麻酔の効果が発揮されているので、デリケートゾーンのレーザー照射も、かなり痛みは軽減されるので、痛いことを不安に思う必要がないです。

施術中の痛みは遠慮せずにスタッフ伝えよう

エステの場合はスタッフに痛いことを伝えることで、冷却用のジェルを足してくれたり、冷やしてくれたり、必要な対処をしてくれます。

少し休憩をするだけでも違うので、スタッフに対応を任せます。色素沈着も痛みの原因の一つなので、脱毛に通う期間は、美白クリームをiラインのスキンケアに使うことも一つです。

皮膚の色を明るい色にしていくケアをすることで、痛みを少なくする効果にもつながります。

-未分類

Copyright© 秋田でおすすめの脱毛サロン比較 , 2020 AllRights Reserved.